見逃してない?話題の人気記事
最新注目記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10代、20代女性「貧困」深刻!掛け持ちでも月に10万 お前らが独身貴族気取ってもらってやらないからだ

1: フェイスクラッシャー(東日本):2014/01/29(水) 07:45:23.61 ID:xHk+w/6V0 BE:167278087-PLT(15073)
3つの仕事掛け持ちしても月に10万円
埼玉県在住の鷲見千寿枝さん(19)は時給が高めの朝5時半からと深夜にコンビニエンスストアでアルバイトをしているが、それでも月収は5万円前後だ。「母親は体調を崩して寝たきり状態なんです。

毎月1万円を母に渡していますが、この生活から抜け出したいです。夜間の保育士養成の学校に入ることに決めたけど、入学金が5万円、毎月の授業料が8万円。
奨学金に応募したが、将来どうなるかわかりません」と不安でいっぱいだ。

国谷「かつては、10代から20代の正規雇用で働く女性の割合は過半数を占めていました。しかし、 現在は非正規雇用で働く若い女性の割合は57.5%と男性の2倍以上だといわれています」

青森県から上京した19歳の女性は、朝10時からファミリーレストランで働く。

午後はピザ屋のバイト、 夜は深夜までスナック勤めだ。「きょうもいっぱい働いた気がするんだけど、それでもバイト代は月に10万円前後です」とうつむく。
「いずれ結婚して子供を産むという考えはありますか」と聞かれ、「私1人だけでもこういう状態。とても想像できません」と声を落とす。

若い女性の貧困で働き方に異変が起きている。首都近郊にある風俗店の求人に応募した30代のシングルマザーはなさんは、20代の頃も風俗店で働いていた。
その後、転職したが体調を崩し 退職してしまう。
「生活保護を受けようと何度か役所に行きましたが、判定までは時間がかかると言われ、そんなに待てないと思い、自分で働くことを考えました」と古巣に戻ってきた理由を語った。
取材を担当したNHK報道局記者の村石多佳子はこう解説する。「風俗店の仕事は見知らぬ男性と1対1となり、何が起きるかわからないという危険もあります。
それでも風俗店で働くのは、店の雰囲気も良く、居心地も良いという依存する心理が働くようです。
風俗店で働く若い女性の中には、育った家庭環境が厳しかった、家庭崩壊をしていたという女性が多く見受けられました。現代社会の階層化が進行していることを実感しました」

http://www.j-cast.com/tv/2014/01/28195269.html
ちゃま速( ̄^ ̄) は移転しました。 >>>http://chamasoku.com
続きは下記リンクから御覧ください。

今後共【ちゃま速( ̄^ ̄) 】を宜しくお願い致します。


関連記事




[タグ未指定]
[ 2014/01/29 10:02 ] 社会 | TB(0) | CM(1)
オススメサイト更新情報
テスト
シナ朝鮮、帰化人だらけじゃこうもなるだろ
[ 2014/01/29 11:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。